大阪の外壁塗装専門「はなごう」 HOME > 外壁劣化を放置するとどうなるか

content_title

長い年月が経過した住宅は、必ず外壁に劣化が生じています。中には外壁劣化を軽く考えてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、外壁の劣化は命をも脅かす存在になりかねません。
そこで、ここでは外壁劣化を放置するとどのようなことが考えられるか、皆様にご紹介したいと思います。

雨漏りを引き起こす

外壁は防水効果を持っていますが、劣化してしまうとその効果も薄れてしまいます。防水効果が薄れるということはすなわち、水が浸透しやすくなることを意味します。
これによって、壁自体が雨や湿気をもろに受けてしまうことになり、住宅内部にまで水や湿気が侵入してしまいます。雨漏りが頻発するのであれば、その原因は外壁の劣化によるものかもしれません。

住宅全体の劣化を招く

外壁は建物を構成するうえで欠かすことが出来ないものであり、それ故に外壁の劣化は建物そのものの劣化を招いてしまいます。先述の通り、外壁が劣化してしまうと、水や水分が浸透しやすくなります。
内部に湿気が侵入することによって、腐食に拍車をかけることになり、腐食の進行が原因で外壁が崩れてしまう危険性も否定できません。

ひび割れや変色を引き起こす

外壁の劣化が進行すると、目に見えた変化が現れるようになります。
例を挙げると、塗装膜の剥がれやひび割れ、カビの発生などです。これらを目にすると大変見苦しいと感じるかもしれませんが、逆にいえば私たちに危険信号を出しているのです。最悪の事態を未然に防ぐためにも、ひび割れや変色が見られるのであれば、早めに外壁リフォームを行うようにしてください。

大阪市で外壁のリフォームを検討しているなら

当社は東大阪に店舗を構えており、外壁リフォームや塗り替え工事を行っております。高品質な塗装工事を安心価格にて提供させていただきますので、住宅の外壁について何かお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
サイト内にも掲載していますが、口コミでの評判も良く、これまでに多くのお客様に満足していただいているのが、当社の最大の強みだと考えております。

このページの先頭へ
TOPページ
塗料紹介
日本ペイント
アステック
ハイドロテクトコート
ルミフロン
UVプロテクトクリヤー
ガイナ
ハナコレクション
「株式会社はなごう」について
当社が選ばれる理由
職人のマナー
お問い合わせ
お客様の声
料金表と工事保証
対応エリア
お見積もり料金が違う理由
スタッフ紹介
会社概要
施工について
お問い合わせからの流れ
カラーシュミレーション
施工事例
よくあるご質問
シーリング作業の解説
塗装工事にかかる費用
外壁材の種類と特徴
塗り替え工事の工法
基礎知識
塗り替えのタイミング
外壁の色の選び方
外壁劣化を放置すると
外壁劣化によるリフォーム
屋根塗装のメリット
悪徳業者の見分け方
外壁塗装の専門用語集
雨漏りの二次被害