大阪の外壁塗装専門「はなごう」 HOME >外壁材の種類と特徴について

content_title

外壁塗り替えをしたいという方へ

外壁の塗り替え工事をしたいという方はいらっしゃいますか。
自分で塗り替える、または業者へ依頼する方法などがありますが、どちらにしても知っておきたいのがあなたの家の外壁材です。外壁材には様々な種類があります。
そこで外壁材の種類と特徴についてご紹介いたしますのでぜひお役立てください。

外壁材の種類と特徴

・サイディング
こちらは板状になっている外壁材で、一枚一枚外壁へ張っていくものです。工場で生産される製品で、品質は均一でかつ比較的低価格なものとなっています。
金属サイディング、窯業系サイディングと存在しますが、現在多くの住宅外壁で窯業系サイディングが使用されています。
塗り替えとなると、多くは高圧洗浄からはじまり、下地調整、3度塗りという通常工程にて進められます。

・モルタル
砂とセメントを水で練り混ぜてつくった外壁材を、ラスと呼ばれる網状の金物などの上から左官で塗っていきます。その上から塗装して仕上げます。
以前はこちらが主流でしたが、今ではサイディングが一般的となっています。しかしサイディング外壁には出せない風合いがあるとのことから、今でも根強いファンが存在します。
塗替えの工程としては、サイディングと大きく変わりませんが、クラックを埋めるシーリング補修や樹脂モルタル補修などがありますので、サイディングよりも日数を必要とすることもあります。

・タイル
タイルは陶磁器、コンクリート、プラスチックと材質は様々ですが、外壁に使用されるのは陶磁器のほうです。
高耐候性ということからタイル壁は塗装の対象になっていませんでしたが、近年の公害型汚染や酸性雨などで劣化したり汚れが付いたりするようになりました。
そこでタイル壁の塗装となるわけですが、方法は2つあります。洗浄しても汚れが落ちず綺麗にならない壁をペイントリフォームする方法、もう1つがクリヤー塗装で塗膜をつくる、浸透性吸水防止材を塗るなど保護塗装する方法です。

外壁の劣化や汚れ具合をしっかり把握し、選ぶようにしましょう。
ご不明点などがあれば、大阪塗装工事専門店である当社へお気軽にご相談くださいませ。


このページの先頭へ
TOPページ
塗料紹介
日本ペイント
アステック
ハイドロテクトコート
ルミフロン
UVプロテクトクリヤー
ガイナ
ハナコレクション
「株式会社はなごう」について
当社が選ばれる理由
職人のマナー
お問い合わせ
お客様の声
料金表と工事保証
対応エリア
お見積もり料金が違う理由
スタッフ紹介
会社概要
施工について
お問い合わせからの流れ
カラーシュミレーション
施工事例
よくあるご質問
シーリング作業の解説
塗装工事にかかる費用
外壁材の種類と特徴
塗り替え工事の工法
基礎知識
塗り替えのタイミング
外壁の色の選び方
外壁劣化を放置すると
外壁劣化によるリフォーム
屋根塗装のメリット
悪徳業者の見分け方
外壁塗装の専門用語集
雨漏りの二次被害