大阪の外壁塗装専門「はなごう」 HOME >塗り替え工事の工法について

content_title

塗り替え工事を依頼した方へ

塗り替え工事を専門店へ依頼したという方はいらっしゃいますか。
塗り替え工事というのは、一体どのような工法にて行われているのでしょうか。
以前までは、吹付け工法による塗り替えが主流だったようですが、環境や近隣の負荷などを考慮し、最近では様々な工法にて行われているようです。その工法について探っていきます。

塗り替え工事はどのような工法で行われているのか

・ローラー工法
現在の塗装で一番ポピュラーとされている工法で、その名の通り、ローラーを使用して塗料を塗りつけていう工法のことをいいます。外壁の様々な下地に対応出来、広範囲をムラなく塗布することが可能な工法です。厚塗りも容易に出来ます。さらに吹付けに比べて塗料の飛散が少ないことから、無駄を少なくすることが出来る上に近隣への迷惑も軽減出来るため、さらに高所での作業も安心して行えます。

・刷毛塗り工法
こちらは塗装の工法としては歴史が古いもので、主に細部や仕上げの塗装に使用されます。
場所や形状に限定されることなく塗ることが可能です。昔ながらの工法であるからこそ、仕上がり具合は職人の腕に左右されます。熟練のテクニックが必要なのです。従来は獣毛の刷毛が使用されることがほとんどでしたが、今ではナイロンなどの化学繊維の刷毛が主に使用されています。

・低圧温風ガン工法
カップガンの先端部分から温風のエアカーテンで塗料を噴射します。通常のカップガンに比べて塗料ミストの飛散を抑えて吹付けをすることが出来ます。また、きめの細かい綺麗な仕上がりも期待出来ます。主に雨戸やシャッターなど細部の仕上げ塗装として使用します。


塗り替え工事を依頼したいという方は、東大阪市にある当社へお問い合わせください。
環境に配慮し不快に思われるようなことは一切せず、親切・丁寧に塗装工事に関するご相談を承りますのでお気軽にフリーダイヤルまでお電話ください。
お見積もりも無料でお受けいたします。土日祝祭日も営業しており、お仕事が休みの日にご相談することも可能です。



このページの先頭へ
TOPページ
塗料紹介
日本ペイント
アステック
ハイドロテクトコート
ルミフロン
UVプロテクトクリヤー
ガイナ
ハナコレクション
「株式会社はなごう」について
当社が選ばれる理由
職人のマナー
お問い合わせ
お客様の声
料金表と工事保証
対応エリア
お見積もり料金が違う理由
スタッフ紹介
会社概要
施工について
お問い合わせからの流れ
カラーシュミレーション
施工事例
よくあるご質問
シーリング作業の解説
塗装工事にかかる費用
外壁材の種類と特徴
塗り替え工事の工法
基礎知識
塗り替えのタイミング
外壁の色の選び方
外壁劣化を放置すると
外壁劣化によるリフォーム
屋根塗装のメリット
悪徳業者の見分け方
外壁塗装の専門用語集
雨漏りの二次被害